ものづくり・環境教育

日本製鉄は、未来を担う子どもたちや学生、その教育に携わる教員の皆様と積極的に交流し、ものづくりの面白さや奥深さ、私たちの環境への取組みを知っていただこうと、さまざまな活動を行っています。

ものづくりの魅力を伝える「たたら製鉄」実験

日本製鉄は、子どもたちにものづくりの魅力を感じていただくため、日本独特の製鉄法である「たたら製鉄日本古来の製鉄法で、砂鉄を原料とし、ふいごと呼ばれる送風装置を使って木炭を燃やして鉄を作る方法」の操業実験を開催しています。毎年、全国各地の製鉄所やその近辺の学校などで行い、ものづくりの楽しさを体験していただいています。

「たたら製鉄」の様子

「たたら製鉄」の様子

地域に根ざした教育支援

当社は、地域に根ざした特色ある環境教育やものづくり教育の支援活動を行っています。東日本製鉄所 君津地区で市民まつりの一環として「理科屋台」を開催し、若手社員が小中学生に鉄の魅力や電気の起こる仕組みなどを紹介しました。

理科出張授業の様子(九州製鉄所 大分地区)

理科出張授業の様子
(九州製鉄所 大分地区)

また、九州製鉄所 大分地区では近隣小中学校で「理科出張授業」を実施しました。本社では神奈川県下の中学校で実施した「エネルギー環境ワークショップ」で当社の廃プラスチック再資源化を例にした実験を交えて、鉄鋼業の環境への取り組みを紹介しました。

枡形中学校でのワークショップの様子

枡形中学校でのワークショップの様子

また、東日本大震災の被災地の子供たちに対し、防災・減災についての知識を広め、自然災害のリスクに対する判断力を養うために活動を行っている東北大学の基金への拠出を通じ、その活動を支援しています。

インターンシップ

当社では、学生への就業体験の提供、業務紹介などを目的に、従来から製鉄所や研究所においてインターンシップを実施しています。

鉄鋼業への理解を深めていただく教員の民間企業研修

当社は、教員の皆様に鉄鋼業と社会との関わりやものづくりの魅力をお伝えし、教育に活かしていただくことを目的に、毎夏、経済広報センターや日本鉄鋼連盟が主催する教員の民間企業研修を受け入れています。2021年度は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により初のオンラインでの開催となり、5つの製造拠点で52名の先生をお迎えして、鉄鋼製造プロセスの動画の視聴、ライフサイクル全体で見た鉄の優位性やカーボンニュートラルへの取り組み、また環境、安全衛生、人材育成への取り組みを紹介しました。

教員の民間企業研修の様子(名古屋製鉄所)

教員の民間企業研修の様子
(名古屋製鉄所)

サステナビリティ メニュー