エネルギー・マテリアル・バランス

事業活動におけるエネルギーと資源の循環・環境側面

当社は、海外で採掘された鉄鉱石や、鉄鉱石を還元するためのコークスの原料になる石炭、社会から発生した鉄スクラップを主な原料とし、工業用水や電力・燃料等のエネルギーを使用して鉄鋼製品を製造しています。

このため、日本製鉄の製造拠点では、製造工程で発生する副生ガスを、鋼材加熱用の燃料ガスや製鉄所構内にある発電所のエネルギー源として100%有効活用している他、水資源については、製品や製造設備の冷却や洗浄に使用する水の90%を再生して繰り返し使用するなど、限りある資源・エネルギーを無駄なく利用しています。

※スマートフォンでは、図を拡大してご利用ください。

数値は2021年度実績

マネジメント体制

INPUT原料推移(単位:万トン)

※スマートフォンでは、横にスワイプしてご利用ください。

INPUT原料 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
鉄鉱石 6,255 5,942 5,861 5,777 4,877 5,641
原料炭 2,937 2,654 2,519 2,624 2,437 2,574
廃プラスチック 21 21 18 21 21 22
廃タイヤ 7 7 7 7 8 3

資源の効率的使用

  • 水資源
  • 製品や製造設備の冷却や洗浄に使用する水の90%を再生して繰り返し使用しており、蒸発等により失われる10%分だけを補給しています。

  • 副生ガス
  • 石炭を無酸素状態で熱分解してコークスを製造する際に発生するガス、高炉から発生するガス等の副生ガスを、鋼材加熱用の燃料や製鉄所構内にある発電所のエネルギー源として、100%有効に活用しています。

  • 排熱利用
  • 高炉・焼結設備・コークス炉・転炉等で発生する排熱を回収し、蒸気生産や発電に活用しています。

  • 電力
  • 使用電力の89%を自家発電しており、その内75%は排熱および副生ガス等の所内発生エネルギーにより賄っています。今後、発電の更なる低炭素化に向け、設備の高効率化、燃料切り替え等も検討していきます。

  • 副産物
  • 製造工程で発生する副産物は、製造工程で循環利用したり、再資源化して製品化することによって、ゼロエミッション化を進めるとともに、省資源・省エネルギーに寄与しています。

  • 廃プラスチック再資源化
  • 全国の一般家庭から回収された容器包装プラスチックの約3割に当たる年間約20万トンを、コークス炉を使ったケミカルリサイクル法により100%再資源化しています。

サステナビリティ メニュー