ゼロクリアランス工法

ゼロクリアランス工法は、専用に開発された圧入機ゼロパイラーとゼロ矢板(NS-SP-J)により、近接する構造物との隙間(デッドスペース)を「ゼロ」の状態で圧入施工することが可能な工法です。従来の工法では解決できなかった狭隘な水路などでの土木工事や、敷地の有効活用が求められる建築工事において、これまで利用することができなかった空間を最大限に活かすことができます。
また、施工機械はコンパクトで周囲への威圧感や転倒の危険性がなく、高い安全性を誇ります。さらに、GRBシステムによる仮設レス施工で、工期短縮、工費削減を実現し、地下空間の開発や構造物の耐震補強などに大きなメリットを発揮する画期的な工法です。

特長

環境に配慮した施工を実現

静荷重での圧入工法と矢板の向きが同一方向のゼロ矢板(NS-SP-J)の特性により、補助工法使用時の杭材背面地盤への影響を抑制することができます。

転倒の心配がなく、高い安全性を実現

圧入機本体は打設済みの矢板をしっかりとつかむ機構のため、転倒の危険性がありません。

優れた経済性を実現

ゼロ矢板(NS-SP-J)は継手位置が外側にあることにより、継手効率による断面性能の低減が不要で経済的な設計が可能です。

工期短縮を実現

ゼロ矢板(NS-SP-J)は有効幅が600mmなので、400mm幅鋼矢板に比べて施工枚数を削減することができ工期短縮が可能です。

さまざまな現場条件で、環境への配慮とコスト・工期の縮減を同時に実現します。

工法概要

隙間“ゼロ”を可能にした近接施工専用の圧入機と杭材により、限られた施工空間の有効活用を実現

ゼロクリアランス工法は、ゼロ近接施工専用に開発したゼロパイラーとゼロ矢板(NS-SP-J)を用いることで、隣接する構造物との隙間(デッドスペース)を「ゼロ」の状態で施工することが可能な工法です。

カタログ

ゼロクリアランス工法 (3.34MB)PDFファイル

  • 工法概要
  • GRBシステム
    • 標準機械配置図
  • 用途・適用例
    • 水路改修工事
    • 鉄道近接工事
    • 道路擁壁工事
    • 建築山留工事
  • ゼロパイラー
    • ゼロパイラー JZ100A
    • パワーユニット
    • ゼロパイラー SCZ-ECO600S
  • 周辺機器
    • ゼロクランプクレーン CB1-7
    • パイルランナー PR1
    • 反力架台
  • 標準施工工程
    • 初期圧入
    • 単独圧入
  • 施工性
    • コーナー施工
    • カーブ施工
    • 段差施工
  • 設計・積算
    • ゼロ矢板(NS-SP-J)の寸法形状と断面性能
    • 継手かん(嵌)合角度
    • ゼロクリアランス工法 適用範囲
    • 積算
  • 環境対策
    • オフロード法に適合した排出ガスのクリーン化
    • 超低騒音基準値をクリア
    • 生分解性油脂を標準採用

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ

会社団体名、お問い合わせ内容等の記載に漏れや不備がある場合や、お見積りに関するご質問等については、回答できない場合もございますので、予めご了承ください。