TCN® パイル (鋼管杭との接合用継手を有する外殻鋼管付きコンクリート杭)

TCN®パイルは、地震力により大きな断面力が生じる杭体上部に適用する鋼管杭工法用のSC杭(外殻鋼管付きコンクリート杭)です。TCN®パイルの鋼管は下端においてコンクリートより突出しています。鋼管杭との接合は一般的な鋼管杭と同様であり、現場または工場において全周溶接で行います。

(一財)日本建築センター評定工法(BCJ評定-FD0337-02, FD0338-02)

特長

1. 高い経済性

同じ性能の鋼管杭と比べて経済的です。また、高支持力杭工法への適用により、各工法のメリットを最大限に発揮させることが可能です。

2. 優れた構造性能

地震力に対して大きな耐荷能力を有しています。
下端部の鋼管内面に突起を設けており、断面変化部でスムーズな応力伝達を確保しています。

3. 確かな品質

工場において製造しており、安定した品質が得られます。

構造概要

適用範囲

杭径:400mm≦D≦1200mm

杭長:4m≦L≦15m

鋼管突出部:50mm以上

  • 鋼管
    板厚:9mm≦t≦25mm
    鋼管材質:SKK400、SKK490
  • コンクリート
    設計基準強度Fc:105N/mm2
    肉厚:標準厚型、特厚型
    製造方法:常圧蒸気養生
    製造会社:日本ヒューム(株)

カタログ

TCN®パイル (1.03MB)PDFファイル

  • 工法概要
  • 特長
  • 構造概要
  • 適用範囲
  • 断面耐力
  • 構造検討

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ

会社団体名、お問い合わせ内容等の記載に漏れや不備がある場合や、お見積りに関するご質問等については、回答できない場合もございますので、予めご了承ください。