ハイパービーム®(NSYP®345、横補剛材省略工法含む)

日本製鉄の外法一定H形鋼「ハイパービーム®」は、梁高さ・梁幅一定により設計簡素化と加工能率化を実現し、豊富なサイズバリエーションと優れた寸法・形状精度・正確なデリバリー等で信頼を頂いています。特にサイズバリエーションについては、最大ウェブ高さ1,000mm、フランジ幅400mmまでと、業界一のサイズメニューとなっており、断面効率に優れたサイズ選定が可能です。

特長

1. 外法一定

  • 圧延H形鋼で初めてウェブ高さ・フランジ幅一定サイズ構成を実現
  • 設計の簡略化、加工の省力化が可能

2. ウェブ板厚の薄肉化

  • 軽量化により経済的な設計が可能

3. 多彩なサイズメニュー

  • 多種多様な設計が可能であり、建設コストダウンに貢献
  • JISサイズにない大型サイズをメニューに加え、より多彩なサイズ選択自由度を実現(最大で47シリーズ、609サイズ

(常時製造対応36シリーズ、236サイズ)

4. 標準板厚採用のH形鋼

  • 覚えやすく、使いやすい

5. 優れた形状・寸法精度

  • JASS6「鉄骨精度検査基準」に準拠
  • 精度の高い加工・施工が可能

6. 熱間圧延製造法による高い信頼性確保

  • 省溶接による加工能率アップ、均質な鋼材による安心設計が可能

7. 正確なデリバリー

  • お客さまの製造工期に合わせた徹底した納期管理を実践

製造プロセス

① エッジャ-ロール圧延機(上下ロールの孔型深さが可変)
上下ロールの位置を変化させることにより、広範囲なウェブ厚に対応し、フランジ幅を一定に製造
② スキュ-ロール圧延機
斜めロールで高さ方向に拡幅
③ 仕上げ圧延機(上下ロールの胴幅が可変)
ウェブ高さを一定に制御し、上下ロールの胴幅を変化させることにより広範囲なフランジ厚を製造

サイズ自在圧延【形鋼】

関西製鉄所 和歌山(堺)大形工場では、世界初のスキューロール圧延と幅可変ロールによるサイズ自在圧延を実現し、「ハイパービーム®」の製造技術を確立しました。

製品紹介

外法一定H形鋼 ハイパービームVE® NSYP®345B

JISサイズのH形鋼と比べ設計簡素化と加工効率化を実現した「ハイパービーム®」の中でも、特に省エネ・経済性に優れた「ハイパービームVE®(VE=Value Ecology&Economy)」シリーズとして、「NSYP®345B」を商品化いたしました。「NSYP®345B」は従来鋼(SN490B)に対し、設計基準強度F値を高めて高降伏点化を図りながら、かつ引張強さは従来鋼と同等の490N/mm2鋼材です(認定番号:MSTL-0312)。

NSYP®345Bの特長
F値アップで鋼重削減
設計基準強度F値をSN490Bよりも20N/mm2高めて345N/mm2とした490N級のハイパービーム®です。
鋼材および溶接部の材料強度の基準強度はF値の1.1倍以下とすることができます。
SN材と同等の高い耐震性・溶接性
SN490Bと降伏点の上下限値が異なる以外は、同じ化学成分、機械的性質です。
機械的性質
鋼種 板厚(mm) 引張試験 衝撃特性
降伏点または耐力(N/mm2 引張強さ(N/mm2 降伏比(%) 伸び 試験温度(℃) シャルピー吸収エネルギー(J) 試験片
試験片 (%)
NSYP345B t = 16 345~465 490~610 ≦80 1A号 17≦ 0 27≦ Vノッチ
圧延方向
16 < t ≦40 21≦
SN490B 12 ≦ t ≦16 325~445 490~610 ≦80 1A号 17≦ 0 27≦ Vノッチ
圧延方向
16<t≦40 21≦

外法一定H形鋼 ハイパービーム®を活用した合理化工法

梁端ウェブ補剛工法

「梁端ウェブ補剛工法」とは、ハイパービーム®を用いた梁端ウェブをスチフナで補剛することで、優れた変形能力を発揮する工法です。(一財)日本建築センターの評定を平成26年9月に取得(BCJ評定–ST0211–03)しました。本工法を適用することにより、ウェブの薄い断面の梁の種別を「FA」または「FB」として取り扱う事が可能となり、鋼重削減が期待できます。

特長
  • 優れた変形性能
    ハイパービーム®の梁端ウェブをスチフナ補剛することで、部材種別FAあるいはFB相当の塑性変形能力を発揮します。
    補剛形式は「格子スチフナ形式」「水平スチフナ形式」の2種類を用意しており、現場溶接形式、工場溶接形式のいずれにも対応できます。
  • 鋼重削減
    ウェブ薄肉化による鋼重削減が期待できます。また、梁の端部と中央部で使用する鋼種や断面が異なる場合、梁端部が塑性化する場合に限り、端部断面に本工法を適用した部材種別として扱うことができます。
  • 設計が容易
    「標準仕様書」及び「設計チェックリスト」を準備しておりますので、設計・確認申請手続きもスムーズに行えます。
  • 軽微な補剛
    スチフナ補剛領域は、柱面より1H(H:梁せい)を基本とします。スチフナの断面はハイパービーム®の断面サイズによらず、6mm×75mmに統一しています。

格子スチフナ形式

水平スチフナ形式

横補剛材省略工法

「横補剛材省略工法」とは、ハイパービーム®の大梁に対して梁上床スラブによる補剛効果を考慮することで、横座屈止めを不要とする工法です。(一財)日本建築総合試験所の性能証明を平成26年7月に取得(GBRC性能証明第14–12号)しました。本工法を適用することにより、鉄骨梁は全塑性モーメントに達し、早期に耐力劣化しない梁部材として扱うことができます。

特長
  • 横補剛材の省略(鉄骨製作・建方の省力化)
    大梁と床スラブが頭付きスタッドで結合され、大梁上フランジの横移動が十分拘束されていれば、現実的な梁スパンの範囲で横補剛材が不要となります。
  • 大梁と小梁接合部の簡素化
    小梁による横座屈補剛を期待する必要が無くなるので、大梁-小梁接合部は小梁からのせん断力のみの考慮で設計ができます。
  • 横座屈の検討が不要
    許容曲げ応力度fbを許容引張応力度ftと同等として扱うことができます。また、保有耐力横補剛された梁として扱うことができ、梁の終局曲げ強度は全塑性モーメントMpとすることができます。
  • 設計変更が容易
    実用的な梁長さの範囲で横補剛材が省略できるため、大梁の断面サイズを変えずに設計変更ができます。

工法の適用には条件がございますので、ご検討の際は当社へご相談ください。

鉄骨梁と床スラブを頭付きスタッドにより結合

工法の採用メリット

カタログ

H形鋼 (13.9MB)PDFファイル

  • 製品の概要
  • 製品・材質規格 対応一覧
  • 日本製鉄の製造するH形鋼(CT形鋼)規格
  • H形鋼の製造方法
  • 外法一定H形鋼 ハイパービーム®
  • 外法一定H形鋼 ハイパービームVE® NSYP®345B
  • 外法一定H形鋼 ハイパービーム®を活用した合理化工法
  • 極厚H形鋼/NS-TWHTM
  • NSGH®
  • 建築構造用耐火H形鋼(NSFR®
  • H形鋼 寸法および断面性能表
  • CT形鋼 寸法および断面性能表
  • H形鋼 杭機械的性質/寸法および断面性能表
  • ハイパービーム® 寸法および断面性能表
  • ハイパービーム®CT形鋼 寸法および断面性能表
  • 極厚H形鋼/NS-TWHTM鋼 寸法および断面性能表
  • 形状寸法の許容差
  • 製品ラベル/鋼材の識別表示例
  • I形鋼、溝形鋼 寸法および断面性能表、寸法許容差
  • 建築用鋼材に求められる性能
  • 鋼材の材料特性
  • 年表—形鋼の歴史
  • 用途例

超大型 外法一定H形鋼 メガハイパービーム® (0.72MB)PDFファイル

  • 製造対応規格
  • 製造サイズ表
  • 形状寸法の許容差

時代のニーズに応える鉄鋼建材商品 (1.35 MB)PDFファイル

  • ハット形鋼矢板
  • NSエコパイル
  • ジャイロプレス工法
  • ガチカムジョイント
  • NMセグメント
  • ハイパービーム
  • スマートビーム

日本製鉄グループが提案する建築建材ソリューション (11.8 MB)PDFファイル

  • ハイパービーム®(外法一定H形鋼)
  • NSYP®345B(「省エネで経済的」なハイパービ-ムVE®
  • 梁端ウェブ補剛工法(ハイパービーム®を用いた工法)
  • 横補剛材省略工法(ハイパービーム®を用いた工法)
  • スマートビーム®(溶接軽量H形鋼)
  • BT-HT400C、BT-HT500C(建築構造用高降伏点シリーズ柱用490、590N/mm2鋼材)
  • BT-HTシリーズ(建築構造用高張力鋼板)
  • 極厚H形鋼、NS-TWH®鋼(柱に適したH形鋼とその柱梁継手工法)
  • SA-Tシリーズ、SA-TTシリーズ(建築構造用鋼管)
  • 高HAZ靱性鋼(HTUFF®)(建築構造用大入熱溶接対応)
  • UコラムW-BCP235、325、325T(高性能冷間プレス成形角形鋼管)
  • UコラムW-BCHT®400(高降伏点冷間プレス成形角形鋼管)
  • UコラムW-BCHT®325TF、385TF(高性能TMCP型冷間プレス成形角形鋼管)
  • UコラムW-BCHT®385、385T(550N/mm2級冷間プレス成形角形鋼管)
  • テーパーコア®(冷間プレス成形テーパーコア)
  • 冷間ロール成形角形鋼管(角パイプ/角パイプBCR、Uコラム/UコラムBCR)
  • UBCR365(建築構造用冷間ロール成形角形鋼管)
  • UコラムBCR-Jr.(小径冷間ロール成形角形鋼管)
  • NDコア®(ノンダイアコア®)(冷間成形角形鋼管柱向け柱はりノンダイアフラム接合部材)
  • NS-LRB400(建築構造用太径丸鋼)
  • NSFR®(厚板・H形鋼ほか建築構造用耐火鋼)
  • ステンレス構造材(建築構造用のステンレス鋼と接合材)
  • ステンレス形鋼(建築構造用のステンレス形鋼)
  • NSトラス(空間構造システム商品)
  • NSテンション(空間構造システム商品)
  • 木・鋼ハイブリッド構造(空間構造システム商品)
  • Wトラス(空間構造システム商品)
  • SHTB®(トルシア形超高力ボルト)
  • 12GSHTB®(12G溶融亜鉛めっき高力六角ボルト)
  • 高HAZ靱性鋼用溶接材料(建築構造用大入熱溶接対応)
  • 高強度鋼用CO2溶接材料(建築構造用溶接材料)
  • スーパーEデッキ、EVデッキ(合成スラブ用デッキプレート)
  • ハイパーデッキ®(ロングスパン・高荷重合成スラブ用デッキプレート)
  • 日鉄ルーフデッキ(外断熱防水シート屋根用デッキプレート)
  • アンボンドブレース®(制振構造技術)
  • NSビルプラス®G(耐震構造技術(制震・耐震補強))
  • 免震NSU型ダンパー(免震構造技術)
  • 低摩擦弾性すべり支承(免震構造技術)
  • 球面すべり支承(NS-SSB®)(免震構造技術)
  • エコ角®(薄肉角パイプ)
  • 熱押形鋼(一般構造用圧延鋼材・溶接構造用圧延鋼材)
  • TN-X工法(先端拡大根固め鋼管杭)
  • NSエコパイル®(回転圧入鋼管杭)
  • ハイブリッド鋼管杭工法、拡頭リング工法®、NSPP®540(建築基礎周辺技術)
  • ナルカラー®シリーズ(塗装ステンレス鋼板)
  • エスジーエル®、ハイレタンSGL®、ニスクフロンSGL®(建築外装用めっき鋼板・カラー鋼板)
  • ニスクルーフ®L145(高強度二段嵌合折板)
  • NISCパネル(金属断熱サンドイッチパネル)

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ

会社団体名、お問い合わせ内容等の記載に漏れや不備がある場合や、お見積りに関するご質問等については、回答できない場合もございますので、予めご了承ください。