スーパーダイマの特長


スーパーダイマ®とはめっき層成分が亜鉛を主に、

約11%のアルミニウム、約3%のマグネシウムおよび微量のシリコンからなる新しい高耐食性めっき鋼板です。

カタログ一覧


Super Dyma® スーパーダイマ素材編/加工製品編 (19.61MB)PDFファイル

  • TOPICS
  • PROPOSAL
  • INDEX
  • PRODUCTS 分野別
  • INSERT 経年状況
  • PRODUCTS 部材別
  • REFERENCE

スーパーダイマの品質特性 (3.39 MB)PDFファイル

  • スポット溶接性
  • スポット溶接部の耐食性
  • 溶接補修部の耐食性
  • 円筒絞り部の耐食性
  • 腐食電位(異種金属との接触腐食)
  • 耐酸・アル カリ性
  • 耐アンモニア性
  • 切断端面部に生成する保護皮膜
  • 切断端面部防錆処理
  • 切断端面部の曝露試験結果
  • 化成処理性
  • ステンレス鋼板との耐食性比較

Super Dyma®の溶接資料 (8.61MB)PDFファイル

  • ア−ク溶接施工要領
  • アーク溶接性評価試験結果
  • スポット溶接施工要領
  • スポット溶接性評価試験結果
  • 高周波溶接施工要領
  • 高周波溶接性評価試験結果

スーパーダイマ素材編 (9.83 MB)PDFファイル

  • 錆発生のメカニズム
  • 表面処理
  • 耐食性のメカニズム
    • 平面部の防食メカニズム
    • 切断端面部・溶接部の防食メカニズム
  • 平面部の耐食性
    • 存溶融亜鉛めっきとの比較
    • 後めっきとの比較
    • ステンレスとの比較
    • ガルバリウムとの比較(アルカリ環境)
  • 切断端面部の耐食性
    • 既存溶融亜鉛めっきとの比較
    • 後めっきとの比較
  • 加工部の耐食性
    • 曲げ加工部の耐食性・円筒絞り部の耐食性
  • 耐疵付き性
  • 溶接性
    • アーク溶接部の評価・スポット溶接部の評価
  • 塗装性
  • 腐食電位
    • 腐食電位(異種金属との接触腐食)
  • クロメートフリー処理耐食性のメカニズム
  • クロメートフリー処理と従来クロメート処理との比較
    • 耐食性・潤滑性・潤滑性(平版引抜き試験)
    • 導電性・導電性(アース性)・塗装性
  • 製造工程
  • 製造可能範囲
  • 規格(JIS)
  • 規格(日本製鉄販売品)
  • 商標ガイドライン
  • ご使用上の注意
  • ご注文の手引き
  • 各種認定と表彰
  • 加工製品経年状況
  • 用途例(加工製品)
  • ダクト用マルチ鋼板
  • スーパーダイマをより良くご使用いただくために
    • スーパーダイマ用
    • 選定ファスナー・選定ボルト・補修塗料・下塗り塗料

日本製鉄のダクト用クロメートフリー鋼板 (5.46MB)PDFファイル

  • 特長
  • 屋内はもとより屋外でも、高耐食性を発揮
  • 溶接性にもすぐれ、薄いめっき層で性能を発揮
  • 比べてください。マルチな優位性
  • 使用環境は屋内外を選びません

適材・適所のご提案


ステンレス・アルミなど

  • 本当にそこまでの耐食性が必要ですか?
  • 鉄はサビるからと諦めていませんか?
そこまで耐食性を必要としない使用部位で、コストダウンを実現!
そこまで耐食性を必要としない使用部位で、コストダウンを実現!

後めっき・後塗装など

  • メッキ+塗装:あの煩わしい手間とコストは本当に必要ですか?
「メッキ賃+輸送費」の削減効果 期待大!
  • メッキしづらいといって不必要に板厚を厚くしていませんか?※

※板厚の薄い(cf:t=3.2mm以下)長尺・広幅ものは、後めっきすると歪曲しコストが高くなる可能性もあります。

後めっき板厚3.2mm以下のゾーンが狙い目!
  • メーカーメイドのきれいな肌:メタリックな意匠性はいかがですか
素地(メタル)を活かした意匠性で自由度がアップ!
素地(メタル)を活かした意匠性で自由度がアップ!
畜舎・堆肥舎に最適

畜舎・堆肥舎は強アルカリという非常にサビやすい環境。

サビで頭を悩ましている方、「しかたがない・・・」と諦めていませんか?

そんな方に、そんな畜舎・堆肥舎に、ベストマッチな素材が誕生!

サビに強く、アルカリにも強い。それが新日鉄のスーパーサビにくいめっき鋼板「スーパーダイマ」です。

畜舎・堆肥舎に最適

日本製鉄(株)登録商標『スーパーダイマ/SUPERDYMA』ご使用の際のガイドライン

日本製鉄は、第6類を指定区分とし「鉄及び鋼」(類似群コード06A01)を指定商品とする登録商標『スーパーダイマ/SUPERDYMA』(登録番号:第4473685号、登録日:平成13年5月11日)を保有しています。

つきましては、お客様の商品カタログやウェブサイト、商品パッケージ、帳票その他の媒体において弊社商標『スーパーダイマ』または『SUPERDYMA』を使用される際には、必ず本ガイドラインを遵守願います。

なお、お客様が弊社商標について本ガイドラインとは異なる取り扱いをした場合、そのことにより第三者からの商標侵害のクレームを受けるなどの問題が生じても、弊社では一切の責任を負いかねますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いします。

1. 弊社登録商標『スーパーダイマ』または『SUPERDYMA』を使用される際には、必ず弊社営業担当者にご連絡の上、事前に表記方法・内容に関する同意を取り付けてください。
2. お客様のカタログ等への『スーパーダイマ』または『SUPERDYMA』の表記方法については、下記の留意事項を全て満たすよう表示し、それが「お客様の商品に使用された材料」の名称であり、その製造販売会社が日本製鉄であることを明確にしてください。
  • カタログ等の最も目立つ位置には、お客様の商品名を配置・表記する。
  • 『スーパーダイマ』または『SUPERDYMA』が日本製鉄の登録商標であることが分かるようにする*。また、当該商標が使用される最初の箇所あるいは目立つ場所に必ず"®"を付する。
    表記の仕方
    • 「スーパーダイマ」®(注)
      (注)「スーパーダイマ」は日本製鉄株式会社の高耐食性めっき鋼板の商品名です
    • 日本製鉄の「スーパーダイマ」®を使用
    • 高耐食性めっき鋼板「スーパーダイマ」®を使用
  • スーパーダイマ』または『SUPERDYMA』とも一単語とし、『スーパー』と『ダイマ』、『SUPER』と『DYMA』とを分けて表記しない。
3. 参考までに、使用禁止例を以下に記します。十分にご注意ください。
  • 他社の商標権に類似する可能性の高いもの
    • ダイマ
    • DYMA
    • スーパーダイマカラー
    • SUPERDYMACOLOR
    • スーパーダイマ材料
    • SUPERDYMA材料
  • 他の文字とフォント(色・サイズ・スタイル・字体 等)が異なり目立つもの
    • 日本製鉄のスーパーダイマ®を使用(スーパーダイマだけ赤字)
    • 日本製鉄のスーパーダイマ®を使用(スーパーダイマだけサイズが大きい)
    • 日本製鉄のスーパーダイマ®を使用(スーパーダイマだけ太字)
    • 日本製鉄のスーパーダイマ®を使用(スーパーダイマだけイタリック体)
  • 文字をロゴ化している
    スーパーダイマ
  • 貴社の商品名と結合している
    ex.スーパーダイマハイメッシュ網戸
  • 一般的に、お客様の商品名が記載されるべき最も目立つ位置に大きな文字で記載している
参考までに、使用禁止例を以下に記します。十分にご注意ください。
(事例)
お問い合わせ

日本製鉄 本社、各支店・営業所の営業担当者、またはスーパーダイマ・カスタマー・サポートセンターへお願いします。

スーパーダイマ®の歩み(広告編)

高耐食性「スーパーダイマ®」をさらに活かして!
そんな思いを込めて「加工製品たち」のラインアップ!!

スーパーダイマ®倶楽部会員(加工業者)がスペックインした部材別加工製品群。軽量形鋼、丸・角パイプ、ラス・エキスパンド、パンチングメタル、有孔折版・ファインフロア・グレーティングから、各種デッキプレート、屋根・壁、軽天、ケーブルラック、ダクト・煙突まで、様々なニーズに対応できる製品群をラインアップしました。

鋼構造ジャーナル

パーキングプレス

農業資材通信

※日本製鉄は、加工製品のプロモーションもバックアップしています。

お問い合わせ


製品に関するお問い合わせ

会社団体名、お問い合わせ内容等の記載に漏れや不備がある場合や、お見積りに関するご質問等については、回答できない場合もございますので、予めご了承ください。

お問い合わせ