橋梁用高降伏点鋼板(SBHS)

産学連携プロジェクトにより開発された降伏点400N/mm2、500N/mm2、700N/mm2級の橋梁用高降伏点鋼板です(JIS G 3140)。高強度でありながら従来鋼よりも加工性・溶接性に優れており、予熱省略や予熱温度低減が可能です。鋼重削減や製作コスト削減等に貢献いたします。

特長

  • 従来鋼よりも降伏強度を向上(板厚に関わらず降伏強度一定)
  • 加工性・溶接性が従来鋼よりも優れ、予熱省略・予熱温度低減
    鋼材 降伏強度
    (N/mm2
    引張強度
    (N/mm2
    予熱 シャルピー試験
    試験温度(℃) 吸収エネルギー(J) 試験方向
    SBHS500(W) 500以上 570~720 不要 -5 100以上 圧延直角方向
    SBHS700(W) 700以上 780~930 50℃ -40 100以上
  • シャルピー試験を圧延直角方向(C方向)とすることで板取方向自由
  • 溶接性、冷間加工性等の製作加工性向上メリット

当社試算結果 3径間連続合成2主桁(最大支間長60m)の場合

  • 総工事費の削減
    最大で約10%削減(SBHS500使用)
  • 鋼重の削減
    SBHS500使用:約7%削減 対SM570
    SBHS700使用:約15%削減 対SM570

採用事例

東京ゲートブリッジ

東京ゲートブリッジは世界最大規模の全溶接大型トラス橋梁です。SBHS採用により、総重量約3%、総工費約12%削減(国交省試算)

永田橋

日本製鉄製造の橋梁用高降伏点鋼板SBHSが、多摩川に架かる東京都福生市とあきる野市を結ぶ永田橋に採用されています。

カタログ

厚板/総合カタログ (13.43MB)PDFファイル

  • 特長
  • 製造品種
  • 鋼種認定状況
  • 製造工程と品質管理
  • 熱加工制御プロセス(TMCP)
  • 400N/mm2級鋼板 製造可能範囲
  • 490N/mm2級鋼板 製造可能範囲
  • 490N/mm2TMCP鋼板 製造可能範囲
  • 溶接構造用高張力鋼板WEL‒TEN®シリーズ
  • 耐摩耗鋼板ABREX®シリーズ
  • 低温用耐摩耗鋼板ABREX®LTシリーズ
  • 低温用鋼板N‒TUF®シリーズ
  • 耐硫酸・塩酸露点腐食鋼板S‒TEN®シリーズ
  • ニッケル系高耐候性鋼板NAW‒TEN®シリーズ
  • 一般用耐候性鋼板NAW®シリーズ
  • 高耐候性鋼板COR‒TEN®シリーズ
  • 溶接構造用耐海水性鋼板MARILOY®
  • 建築構造用高張力鋼板BT‒HTシリーズ
  • 建築構造用耐火鋼板NSFR®シリーズ
  • 建築構造用弾塑性履歴型ダンパー用鋼板BT‒LYP®
  • 電磁軟鉄用鋼板NS‒MIP®
  • ご注文に際して
  • 現品表示例
  • 実施例とおわりに
  • ご使用時の参考資料
  • 規格対応表
  • 日本製鉄規格 新旧規格対比表

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ

会社団体名、お問い合わせ内容等の記載に漏れや不備がある場合や、お見積りに関するご質問等については、回答できない場合もございますので、予めご了承ください。