募集要項

対象

理系学生の方(学年不問)

※プログラムはグローバル職(総合職)の内容です。

実施期間

2022年07月25日(月)~ 08月05日(金)

2022年08月22日(月)~ 09月02日(金)

2022年09月05日(月)~ 09月16日(金)

実習場所

全国12都道府県、7箇所の製鉄所・研究所

実習内容

工場設備の見学、立ち合い実験、データ解析、提案プレゼン など

応募方法

以下の手続きに従ってご応募ください。
皆さんのご応募をお待ちしております。

  1. STEP1

    STEP1

    マイページ登録

    下の「ご応募はこちらから」をクリックして、登録画面へお進みください。基本情報を入力してプレエントリー手続きを完了してください。

    受付開始:4月中

  2. STEP2

    STEP2

    エントリー

    マイページにログイン後、案内に従ってご応募ください。

    応募締切:6月30日(木)

  3. STEP3

    STEP3

    書類選考など・結果連絡

    書類選考などを行った上で、結果をお知らせします。

    結果連絡:7月~8月中

ご応募はこちらから
ご応募はこちらから

プログラム内容6種のプログラム

職種ごとにプログラムがあり、約240の実習テーマをご用意しております。

操業技術(生産技術)

原料を溶かし、成分調整し、形を変える。鉄の製造プロセスはダイナミック且つ繊細です。各工程の品質向上・生産効率改善・コスト削減などの高付加価値化に取り組みます。

実習テーマ一例
  • 深海用ラインパイプの安定製造条件の確立
  • 熱延工程の生産性の向上
  • 精錬工程における反応/処理効率の改善

設備技術

他業界では類をみないほど大規模な設備で構成された鉄の生産設備。その設備の企画~立ち上げ~改善など、すべてに関わる職種です。能力を最大限に発揮させるための改善や長寿命化のための保全技術の確立などに、各要素技術のプロたちと共に携わります。

実習テーマ一例
  • FEM解析を用いた製鉄機械装置の改善検討
  • ビッグデータを活用した鉄鋼操業状態評価および解析
  • 鉄鋼プロセスにおける圧延・電気制御に関する検討

品質管理

世界最高品質を支える、製品の「品質設計」(製造工程、成分、温度条件などの製品のつくり方を決定すること)を担当します。生産設備を熟知した上で、お客様における鋼材の使用の仕方・条件まで理解を深めながら仕事を進めます。

実習テーマ一例
  • 熱延鋼板の板形状の改善
  • ステンレス製品の商品メニューの拡充
  • 超音波探傷精度の向上

研究開発

未知の領域にチャレンジし、競争力の源泉である技術開発をリードします。未知の領域にチャレンジし、競争力の源泉である技術開発をリードします。

実習テーマ一例
  • 鉄道車両用台車の運動解析
  • トライボロジー試験機を用いた摩擦特性評価
  • 自動車の軽量化に貢献する高強度鋼管の基礎特性評価
  • 製鉄プロセスへの人工知能技術応用の検討

ITシステム

製造に関わるシステム全般を担当し、確率統計学やシミュレーションによる経営資源の効率改善を企画。データ分析と現場ヒアリングを通して生産スケジュールの最適化、人工知能を応用した製造プロセスの自動化・高精度化を目指します。

実習テーマ一例
  • 自動車用鋼板のスケジューリング最適化による生産性向上
  • 異常予兆検知システム構築による操業安定化施策の提案
  • 製鉄プロセスへの人工知能技術応用の検討

エネルギー技術

鉄鋼業では、電力・石炭・重油・ガスさらには、水・蒸気・空気など多種・多様なエネルギーを大量に使用し、これらを安定かつ安価に生産現場へ供給する必要があります。各設備の効率を調査し、最適運転の評価・考察などを行います。

実習テーマ一例
  • 発電設備効率調査による高効率運転の検討
  • 鉄鋼用水処理設備の運転最適化を検討
  • 製鉄所内排熱蒸気の有効活用

    インターンの流れ

    実習テーマごとに
    インターンの流れは異なります。

    例:操業技術

    1st Week

    1. DAY1

      全体概要

      全体概要

      • 全体概要
      • スケジュール
      • 実習テーマの説明 等
      • 工場見学
    2. DAY2

      基礎固め・企画

      基礎固め・企画

      • テーマに関連した
        基礎技術の勉強
      • 工場実験計画の
        企画・検討
    3. DAY3

      実験・分析

      実験・分析

      • 工場実験(立会)
      • 実験データの分析

      大学と企業の研究の
      違いを知りました!

    4. DAY4

      • データ解析・分析
    5. DAY5

      • データ解析・分析

    2nd Week

    1. DAY6

      実験・分析

      実験・分析

      • データ解析・分析
    2. DAY7

      まとめ・ブラッシュアップ

      まとめ・ブラッシュアップ

      • まとめ
      • 設備化法案検討
      • 設備部門と打ち合わせ

      他部門との
      打ち合わせも行います。

    3. DAY8

      • レポート作成
      • 発表資料準備
    4. DAY9

      • まとめ
    5. DAY10

      プレゼン

      プレゼン

      • 発表会

      実習の集大成!

    参加者の声

    業界と企業に関して
    より深く理解

    業界や社風について、インターンシップを通じてさまざまな方向から深く理解することができました。業界や会社についてただ説明されるのではなく、その現状をもとにどのような意識で業務に取り組んでいるかもご説明いただき、より深く理解することができました。

    自分の仕事に対して
    大きな熱意と誇りを持ちたい

    スケールの大きなものを扱える面白さ、大きな利益を得られること、そして社会に大きな影響を与えられることを知り、非常に面白い仕事だと思いました。いろいろな社員の方がいるなか、共通点としてすべての方が仕事に対して熱い想いを持っておられ、私も将来自分の仕事に対して大きな熱意と誇りを持ちたいと強く感じました。

    社員との対話を通して
    会社の雰囲気を知る

    社員の方々から直接お話を聞き、人柄を知ることができました。また、会社の雰囲気や仕事の内容についてはもちろんのこと、私の進路相談に対してもていねいに対応してくださり、今後の就職活動に取り組むにあたって役立つ多くの意見を頂くことができました。

    周囲の人を巻き込み
    答えを導く面白さ

    「製品の試作を工場の生産スケジュールに組み込む」というテーマでグループワークを行いましたが、いかに多くの周囲の方々と連携し、さまざまな事項を検討すべきかということを体感することができました。答えのない問題に対し、周囲の方々を巻き込みながらひとつの答えを導くことの難しさや、その面白さを強く感じました。

    人事メッセージ

    日本製鉄では
    あらゆる学系が活躍しています。
    少しでも興味があれば、
    ぜひ⼀度、
    インターンにご参加ください!

    ⽇本製鉄で
    あらゆる学系が活躍しています。
    少しでも興味があれば、
    ぜひ⼀度、
    インターンにご参加ください!

    鉄鋼メーカーはさまざまな要素技術を用いて仕事をすることから、材料系だけでなく、
    機械・電気・情報・化学・物理・経営工学・数学・資源など、
    さまざまなバックグラウンドを持つ社員が活躍しています。
    インターンシップを通して、仕事の奥深さ、
    多様な人と仕事を進める面白さを感じてください。
    また、巨大スケールの製鉄所を相手にする仕事はやり甲斐も大きく、
    きっと衝撃を受けるはずです。

    ご応募はこちらから