日本製鉄

RECRUITING 2020 RECRUITING 2020

日本の鉄を世界中に
広めることで
発展途上国の
生活を豊かに

経理

オキウエル アンデルソンOKIWELU ANDERSON

ホームステイで日本のものづくりや文化に触れたことがきっかけで、京都の大学に進学し経営学を学ぶ。「日本のものづくり企業で発展途上国のインフラ整備に貢献したい」と進路を探す中で、鉄鋼業にたどりつき日本製鉄へ。

Play Movie

経理のシゴト

収益・コストの管理を通して、会社全体や各製鉄所の課題を抽出・分析し、関連部署と連携しながら、改善策の立案・実行に取り組む。さらに経理情報の的確なレポーティングを通して、経営層の判断を支える役割を果たす。

CAREER STEP

本社財務部
財務総括室

2014

本社財務部
予算室

2015

名古屋製鉄所総務部
経理室

2016

CAREER STEP

経理のシゴト

収益・コストの管理を通して、会社全体や各製鉄所の課題を抽出・分析し、関連部署と連携しながら、改善策の立案・実行に取り組む。さらに経理情報の的確なレポーティングを通して、経営層の判断を支える役割を果たす。

戦略製品量産化を
経理の立場からサポート

経理担当者は、工場を運営する上で発生するコストの実績・計画データを、製造工程別や費用の性格別などさまざまな切り口から評価・分析し、議論の材料として提供しながら現場の担当者と一体となって改善に取り組みます。また現状の改善だけでなく、新しいビジネスの推進を支援することも期待されます。私の関わった例では、ある重機向けの戦略製品の量産化プロジェクトがあります。量産化にあたり複数の製造方案が考えられる中、お客様から求められる品質を担保しつつコスト面でベストな方法を検討することが課題の一つでした。私は経理担当者として、原料調達から製造、物流まで一連の工程の特徴や製品の品質の理解に努めた上で、過去の操業データを蓄積したデータベースを活用し、想定される製造方案毎のコストの定量的評価や採算性の検証に基づく提案を行いました。工場の戦略製品の製造方案の決定に自分が貢献できたことに非常に満足しています。

世界最高の技術と
緻密なマネジメントを海外へ

ブラジルとナイジェリア、2つの発展途上国で育った私は「日本のものづくり力と発展途上国をつなぐ仕事がしたい」と当社に入社しました。入社後の本社財務部では、数千億円規模の資金計画に携わり、日本のものづくりのスケールに間近で触れることができました。そして現在の職場では、日本のものづくりの根幹をなす世界最高の技術とコスト・収益管理を学ぶ日々を送っています。引き続き、製鉄メーカーの経理担当としての経験と知識を積み重ねて、将来は海外事業の運営に参加したいと考えています。日本の高度なものづくりを緻密なマネジメントとともに海外拠点へ持っていくことで、高品質な鉄をより多く発展途上国に供給し、現地のインフラ整備に貢献したいと思います。

オフの過ごし方

妻と一緒に山や湖にハイキングやサイクリングに出かけています。体を動かして、汗をかいて、綺麗な景色を見ていると、知らず知らずのうちに元気が沸き上がってきます。また最近は、「論理的な思考力を磨きたい」「ITを業務に活かす第一歩にしたい」といった考えから、プログラミングの勉強を始めています。

日本製鉄で活躍する社員

日本製鉄ならではの価値を訴求し数十億規模のビジネスを形にする

営業(海外) 亜森 ディナ DINA AMORI

年間6000万tの鉄鉱石、その全社最適を実現し鉄の安定供給を支える

グローバル購買 境 大寛 DAIHIRO SAKAI

日本の鉄づくりをより深く理解し、世界の鉄づくりで活躍したい

工程マネジメント 西嶋 昌太郎
SHOTARO NISHIJIMA

日本の鉄を世界中に広めることで発展途上国の生活を豊かに

経理 オキウエル アンデルソン
OKIWELU ANDERSON

OTHER CONTENT

世界をつくりだす鉄鋼業界 ものづくりの源は、鉄です。
日本製鉄は、ものづくりの最上流として
あらゆる業界に関わっています。
技術系職種