日本製鉄

RECRUITING 2020 RECRUITING 2020

年間6000万tの鉄鉱石、
その全社最適配船を実現し
鉄の安定供給を支える

グローバル購買

境 大寛DAIHIRO SAKAI

大学の部活のOBに、就職活動の相談をしたことがきっかけで日本製鉄との縁ができる。就職活動では、国家公務員、鉄道、ガス、ゼネコンなど、幅広い社会貢献ができるいろいろな企業を研究したが、より根本的に社会を支える仕事ができると考え鉄鋼業を選んだ。

Play Movie

グローバル購買のシゴト

鉄鋼製品の原料となる鉄鉱石や石炭などの資源を世界各国から調達し、国内の製鉄所まで届ける。資源サプライヤーとの交渉・売買契約締結から船舶による各製鉄所への輸送手配まで一貫して自社で行うとともに、海外資源調査や投資管理の役割も担う。

CAREER STEP

八幡製鉄所
総務部経理室

2013

本社 原料第一部
原料調整室

2016

本社 原料第一部
原料需給室

2017

本社 原料第二部
鉱石第一室

2018

CAREER STEP

グローバル購買のシゴト

鉄鋼製品の原料となる鉄鉱石や石炭などの資源を世界各国から調達し、国内の製鉄所まで届ける。資源サプライヤーとの交渉・売買契約締結から船舶による各製鉄所への輸送手配まで一貫して自社で行うとともに、海外資源調査や投資管理の役割も担う。

圧倒的なスケール。
サプライチェーンの始まりを担う。

当社では、年間1億トン強の主原料(鉄鉱石・石炭)をオーストラリアやブラジルから購入しています。そのうち約6000万トンを占める鉄鋼石の調達が私の担当業務です。鉱山ごとに品質が異なる鉄鉱石。当社・サプライヤー双方の長期的な生産計画を踏まえ、どの鉱山からどのくらいの量を調達するのかを検討し、サプライヤーと交渉・売買契約を締結します。現在の仕事は、主に売買契約締結後の需給管理であり、生産元の鉱山や出荷港、当社各製鉄所の操業状況を注視し、必要な鉄鉱石をタイムリーに製鉄所に供給します。本社の契約や製銑技術担当、各製鉄所の需給管理担当や、傭船契約の締結相手である船舶会社と日々連携し、必要な量を必要なタイミングで届け、かつコストミニマムとなる配船の最適解を探し続けています。一方では資源・船舶業界のグローバルな動向に、また他方では鉄づくりの最前線である製鉄所の現場・現物に関わることができますから、当社の魅力の両端に直に触れる面白さがある仕事です。

大きく、広い社会貢献ができる人材に

私は「大きな社会貢献」がしたいと思い、当社に入りました。現在の部署は、事業の最上流にあり、生産から供給に至る当社のバリューチェーンに強い影響力を持っています。私は、鉄を通した当社の「大きな社会貢献」に大きく関わっていると言えるでしょう。鉄鋼業の原料は今、需要・供給両面で世界的に大きな変化の局面にあり、これまでのように高品位で使いやすい原料は手に入りにくくなっています。そうした状況で私たちグローバル購買には、製鉄所に対し常に新しい原料や新しい操業を提案し、従来以上の生産・品質を担保することが求められています。これもまた、「時代を越えて鉄を安定供給する」という「大きな社会貢献」につながるものです。これからも世界の鉄鋼石と製鉄所を結びながら、より大きく広い社会貢献を目指していきたいと思います。

オフの過ごし方

学生時代から柔道を続けていて、今も会社のチームに所属し実業団の試合に参加したりしています。柔道を通した友人が全国各地にいますから、出張などで近くへ行った際に彼らの道場を訪ねて稽古をすることも楽しみのひとつです。また、たまにですが海外旅行にも出かけます。前回は、タイで現地の格闘技ムエタイの観戦やビーチリゾートを楽しんできました。

日本製鉄で活躍する社員

日本製鉄ならではの価値を訴求し数十億規模のビジネスを形にする

営業(海外) 亜森 ディナ DINA AMORI

年間6000万tの鉄鉱石、その全社最適を実現し鉄の安定供給を支える

グローバル購買 境 大寛 DAIHIRO SAKAI

日本の鉄づくりをより深く理解し、世界の鉄づくりで活躍したい

工程マネジメント 西嶋 昌太郎
SHOTARO NISHIJIMA

日本の鉄を世界中に広めることで発展途上国の生活を豊かに

経理 オキウエル アンデルソン
OKIWELU ANDERSON

OTHER CONTENT

世界をつくりだす鉄鋼業界 ものづくりの源は、鉄です。
日本製鉄は、ものづくりの最上流として
あらゆる業界に関わっています。
技術系職種